忍者ブログ
イリスのアトリエ エターナルマナ1 の攻略情報サイト

攻略
データ
ブログ内検索
他のゲーム
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『イリスのアトリエ エターナルマナ』は、2004年5月27日にガストより発売されたプレイステーション2用ソフト。

本作は通常版のほか、「プレミアムボックス」という初回限定版が存在し、そちらにはキャラクターのフィギュアなども同梱されていた。また、翌2005年の8月4日には「ガストベストプライス」として廉価版が発売されている。

錬金術でアイテムを調合するのが特徴のRPG「アトリエシリーズ」の6作目(外伝的作品を除く)であり、A6の通し番号を振られている。A7にあたる『エターナルマナ2』は本作の続編である。またA8にあたる『グランファンタズム』まで含めて「イリスシリーズ」と呼ばれる。


 アイテム関連

本作品においては、アイテムは誰でも扱える通常アイテムと、錬金術士の主人公クレインのみが扱えるマナアイテムの2種類に大別される。なお、各アイテムは最大でも9個しか所持できず、これはアトリエシリーズで最少である(他のシリーズは基本的に99個まで所持できる)。

マナ調合
    精霊マナの力を借りて特殊なアイテムを生み出す調合(錬金術)で、「源素」を材料とする。アイテムごとに必要となるマナが決まっており、源素が足りていてもそのマナと契約していなければ調合をすることはできない。マナの交友度や体力によって成功率などが変化し、また調合のたびにマナが体力を消費する。マナ調合によって生み出されたアイテムは「マナアイテム」として区別される。マナアイテム自体の性能は常に一定である。
源素還元
    源素とはこの世界における元素のようなものである。マナと同じだけの種類が存在し、それぞれ「炎素」「木素」などと呼ばれる。マナ調合を行なうためには、フィールド上のオブジェクトや敵モンスターなどを「源素還元」して源素を集める必要がある。
ショップ調合
    各地にある店に材料を持ち込み、それぞれの店主にアイテムを作成させる調合。前シリーズまでの「調合」と同種のシステムであるが、本作の設定上では錬金術ではない。材料アイテムにはそれぞれ「品質」や「評価情報」が設定されており、完成アイテムに影響する。完成したアイテムはその店で売りに出されるようになる。材料を入れ替えての作り直しも可能で、その場合は最後に作成したバージョンで更新される(更新しないことも可能)。完成アイテムの品質や評価は店の来客数、評判などに大きく関わる。
武器調合
    マナの力を借りて「マナ石」と呼ばれる石を加工すると、特殊な能力をもつ「マナ結晶」に変化する。そのマナ結晶を専用の武器に埋め込むことで、結晶の力を武器に付与することが可能となる。また結晶同士を合成することで、複数の能力をもつ結晶を生み出すことができる。ただしマナ結晶が保有できる能力数には限りがあり、それを超えた分は優先順位が低いものから削除されていく。同系統の能力であれば、合成することで能力自体が強めあうこともある。また特定の組み合わせでまったく新しい能力が生まれることもある。

戦闘

本作品の戦闘システムは「コストターンバトル」という特殊なターン制である。基本的に「速度」の高い順に行動するが、行動それぞれに「ターン消費」と「行動のタイプ」が設定されており、その組み合わせによって各戦闘参加者の行動回数が大幅にずれるため、単純なターン制バトルとは異なる操作感となっている。

ターン消費には、0.5ターンを消費する「ハーフターン」、1ターンを消費する「ワンターン」、2ターンを消費する「ツーターン」の3種類がある。行動のタイプとはコマンド決定から実際に行動するまでの時間差であり、即座に行動する「シングル」、時間を置く「ダブル」、時間を置いて別のキャラクターに攻撃させる「アナザー」(敵のみ)の3種類が存在する。


- Wikipediaより -
PR
[PR] 忍者ブログ [PR]
Designed by ST